失敗しないペット火葬業者の選び方とは?悪徳業者を回避して大切なペットを見送ろう!

このサイトでは、失敗しないペット火葬業者の選び方を解説するとともに、火葬のプランについてもご紹介していきます。
現在、ペットの火葬を取り扱う業者は年々増加していますが、その中には悪徳な経営を行っている業者も少なからず存在しています。
そのため、後悔することなく大切なペットを見送るためには、業者選定を慎重に進めていくことが大切です。
また、ペットの火葬には様々なプランがあるので、あらかじめどのようなプランが提供されているのかも押さえておきましょう。

失敗しないペット火葬業者の選び方とは?悪徳業者を回避して大切なペットを見送ろう!

現在、ペット火葬の需要は年々高まりを見せていますが、現時点ではペットの火葬を規制する法律は整っていません。
特別な許可や資格を取得せずともペット火葬事業を開業できるため、火葬業者の中には悪質な経営を行っているところも少なくありません。
場合によっては、高額費用を請求されたり他のペットの遺骨を返却されたりするトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
そのため、ペットの火葬で失敗しないためには、慎重に業者を選定していくことが大切です。

ペット火葬を依頼する前にまずやることとは?

家族の一員でもある大切なペットがなくなった場合には、現在では多くの人がペット火葬をしてペットを弔うことになります。
しかし依頼前にまずやることがあるため、それらをしっかりと見極めることが重要です。
依頼前にやらなければならない事は、どのような風に見送りをしたいのかイメージをすることです。
いくつかの方法がありますが個別火葬と合同火葬の2つに大きく分けられます。
個別は自分のペットだけを火葬炉に収めるものであり、他のペットと遺骨が混ざる事はないでしょう。
一方で合同は複数のペットと一緒に火葬をする方法です。
そして立ち会いを希望するかどうか、予算がどれぐらいなのかなどもしっかりと考えておきたいポイントです。
また予約をしたとしても、どうやってペットを連れて行くのか悩む人は多く見られます。
車がないのでタクシーを頼もうとしたら、ペットの遺体はダメだと断られるケースも多いです。
家族みんなで見送りたいと言う希望があれば、訪問ペット火葬を検討することも1つの手だと言えるでしょう。

ペット火葬までに準備すべきアイテム

愛するベッドがなくなってしまい、ペット火葬を依頼したけれども、どのようなアイテムを準備すれば良いのかわからないという人も多いかもしれません。
しっかりとお見送りをするためにも、ペット火葬の事前準備についてしっかりと頭に入れておきましょう。
まず最初に用意したいものが写真です。
最後のお別れのシーンであるため、写真を用意すれば火葬をする前のお別れの焼香の際にも飾ることができるでしょう。
近年では写真を一緒に火葬する人も多く見られます。
また大好きだったおやつやご飯を用意するのも良い方法です。
缶や袋などに入っているものの場合には、容器から少量を出してペットの口のそばに添えてあげるのが望ましいです。
少量を口のそばに添えることにより、お別れから出棺、またそのまま火葬をすることも可能です。
そしてペットの周りにお花を飾り付けするのも良い方法です。
ここで注意したいのは色の濃いお花を避けることです。
濃い色の花を選ぶと色素が骨に移る可能性があるため、淡い色のお花を選んでみんなでお花飾りをしてあげると良いでしょう。

ペット火葬にかかる費用の目安はどれくらい?

ペット火葬の利用を検討している多くの方は、どれくらいの費用がかかるのか気になっているかと思いますが、ペット火葬の料金はペットの大きさ(体重)やプランによって異なります。
ペット火葬のプランは、大きく合同・個別・立会の3種類に分けられますが、これら3種類のプランの中で最も料金が安いのが合同火葬です。
体重別の大まかな目安としては、2kg未満の場合は12,000円・2~5kgの場合は16,000円・5~10kgの場合は20,000円・10~25kgの場合は30,000円・それ以上の場合は40,000円ほどとなっています。
個別火葬の場合は、2kg未満の場合は17,000円・2~5kgの場合は21,000円・5~10kgの場合は25,000円・10~25kgの場合は35,000円・それ以上の場合は45,000円ほどかかるのが一般的です。
立会火葬は、3種類の中で最も料金が高いプランです。
相場の目安としては、2kg未満の場合は19,000円・2~5kgの場合は23,000円・5~10kgの場合は27,000円・10~25kgの場合は37,000円・それ以上の場合は47,000円ほどとなっています。
もちろんペット火葬業者によって料金設定は異なるので、具体的な費用は見積もりを依頼して確認しましょう。

ペット火葬の際に棺に入れられる副葬品は?

人間の火葬と同様にペット火葬でも棺に入れられるものと、入れられないものがあります。
火葬の際に棺に入れるもののことを副葬品と言いますが、基本的に食べ物に関しては少量であれば袋などから出した状態にした上で入れられます。
写真についても同じで数点であれば棺に入れられますし、お花に関しても生花であれば問題ありません。
一方で、プラスチックやゴムでできた品物は一緒に火葬すると黒煙や臭いが発生するとともに、骨が黒くなってしまう可能性があります。
そのため、おもちゃなどの品物は素材によっては一緒に入れることはできません。
また、洋服・毛布・タオル・ぬいぐるみといった品物については、繊維が骨にくっついてしまう場合があるので、これらの品物も基本的には一緒に火葬できません。
その他にも、首輪やリードも原則として棺には入れられないので注意が必要です。
このように、ペット火葬では一緒に火葬できるものと、できないものがありますが、上記以外の品物を棺に入れたい場合は依頼するペット火葬業者に確認してみると良いでしょう。

ペット火葬に関する情報サイト
失敗しないペット火葬業者の選び方

このサイトでは、失敗しないペット火葬業者の選び方を解説するとともに、火葬のプランについてもご紹介していきます。現在、ペットの火葬を取り扱う業者は年々増加していますが、その中には悪徳な経営を行っている業者も少なからず存在しています。そのため、後悔することなく大切なペットを見送るためには、業者選定を慎重に進めていくことが大切です。また、ペットの火葬には様々なプランがあるので、あらかじめどのようなプランが提供されているのかも押さえておきましょう。

Search