失敗しないペット火葬業者の選び方とは?悪徳業者を回避して大切なペットを見送ろう!

このサイトでは、失敗しないペット火葬業者の選び方を解説するとともに、火葬のプランについてもご紹介していきます。
現在、ペットの火葬を取り扱う業者は年々増加していますが、その中には悪徳な経営を行っている業者も少なからず存在しています。
そのため、後悔することなく大切なペットを見送るためには、業者選定を慎重に進めていくことが大切です。
また、ペットの火葬には様々なプランがあるので、あらかじめどのようなプランが提供されているのかも押さえておきましょう。

失敗しないペット火葬業者の選び方とは?悪徳業者を回避して大切なペットを見送ろう!

現在、ペット火葬の需要は年々高まりを見せていますが、現時点ではペットの火葬を規制する法律は整っていません。
特別な許可や資格を取得せずともペット火葬事業を開業できるため、火葬業者の中には悪質な経営を行っているところも少なくありません。
場合によっては、高額費用を請求されたり他のペットの遺骨を返却されたりするトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
そのため、ペットの火葬で失敗しないためには、慎重に業者を選定していくことが大切です。

ペット火葬を依頼する前にまずやることとは?

家族の一員でもある大切なペットがなくなった場合には、現在では多くの人がペット火葬をしてペットを弔うことになります。
しかし依頼前にまずやることがあるため、それらをしっかりと見極めることが重要です。
依頼前にやらなければならない事は、どのような風に見送りをしたいのかイメージをすることです。
いくつかの方法がありますが個別火葬と合同火葬の2つに大きく分けられます。
個別は自分のペットだけを火葬炉に収めるものであり、他のペットと遺骨が混ざる事はないでしょう。
一方で合同は複数のペットと一緒に火葬をする方法です。
そして立ち会いを希望するかどうか、予算がどれぐらいなのかなどもしっかりと考えておきたいポイントです。
また予約をしたとしても、どうやってペットを連れて行くのか悩む人は多く見られます。
車がないのでタクシーを頼もうとしたら、ペットの遺体はダメだと断られるケースも多いです。
家族みんなで見送りたいと言う希望があれば、訪問ペット火葬を検討することも1つの手だと言えるでしょう。

ペット火葬までに準備すべきアイテム

愛するベッドがなくなってしまい、ペット火葬を依頼したけれども、どのようなアイテムを準備すれば良いのかわからないという人も多いかもしれません。
しっかりとお見送りをするためにも、ペット火葬の事前準備についてしっかりと頭に入れておきましょう。
まず最初に用意したいものが写真です。
最後のお別れのシーンであるため、写真を用意すれば火葬をする前のお別れの焼香の際にも飾ることができるでしょう。
近年では写真を一緒に火葬する人も多く見られます。
また大好きだったおやつやご飯を用意するのも良い方法です。
缶や袋などに入っているものの場合には、容器から少量を出してペットの口のそばに添えてあげるのが望ましいです。
少量を口のそばに添えることにより、お別れから出棺、またそのまま火葬をすることも可能です。
そしてペットの周りにお花を飾り付けするのも良い方法です。
ここで注意したいのは色の濃いお花を避けることです。
濃い色の花を選ぶと色素が骨に移る可能性があるため、淡い色のお花を選んでみんなでお花飾りをしてあげると良いでしょう。

ペット火葬にかかる費用の目安はどれくらい?

ペット火葬の利用を検討している多くの方は、どれくらいの費用がかかるのか気になっているかと思いますが、ペット火葬の料金はペットの大きさ(体重)やプランによって異なります。
ペット火葬のプランは、大きく合同・個別・立会の3種類に分けられますが、これら3種類のプランの中で最も料金が安いのが合同火葬です。
体重別の大まかな目安としては、2kg未満の場合は12,000円・2~5kgの場合は16,000円・5~10kgの場合は20,000円・10~25kgの場合は30,000円・それ以上の場合は40,000円ほどとなっています。
個別火葬の場合は、2kg未満の場合は17,000円・2~5kgの場合は21,000円・5~10kgの場合は25,000円・10~25kgの場合は35,000円・それ以上の場合は45,000円ほどかかるのが一般的です。
立会火葬は、3種類の中で最も料金が高いプランです。
相場の目安としては、2kg未満の場合は19,000円・2~5kgの場合は23,000円・5~10kgの場合は27,000円・10~25kgの場合は37,000円・それ以上の場合は47,000円ほどとなっています。
もちろんペット火葬業者によって料金設定は異なるので、具体的な費用は見積もりを依頼して確認しましょう。

ペット火葬の際に棺に入れられる副葬品は?

人間の火葬と同様にペット火葬でも棺に入れられるものと、入れられないものがあります。
火葬の際に棺に入れるもののことを副葬品と言いますが、基本的に食べ物に関しては少量であれば袋などから出した状態にした上で入れられます。
写真についても同じで数点であれば棺に入れられますし、お花に関しても生花であれば問題ありません。
一方で、プラスチックやゴムでできた品物は一緒に火葬すると黒煙や臭いが発生するとともに、骨が黒くなってしまう可能性があります。
そのため、おもちゃなどの品物は素材によっては一緒に入れることはできません。
また、洋服・毛布・タオル・ぬいぐるみといった品物については、繊維が骨にくっついてしまう場合があるので、これらの品物も基本的には一緒に火葬できません。
その他にも、首輪やリードも原則として棺には入れられないので注意が必要です。
このように、ペット火葬では一緒に火葬できるものと、できないものがありますが、上記以外の品物を棺に入れたい場合は依頼するペット火葬業者に確認してみると良いでしょう。

いろいろな方法があるペット火葬のメリットには何があるか

ペットは家族の一員としてとらえられており、亡くなった場合きちんと供養する人が増えています。その一つにペット火葬がありますが、ペット火葬には様々な方法があり、予算や時間などに応じて選ぶようになります。 人と同じように見送ることができる方法に個別葬があります。自分が飼っているペットのみ火葬をしてもらえるのがメリットであり、しっかりと最期を見届けることができます。さらに火葬後は遺骨を引き取ることができ、手元に残すことも可能です。 他のペットと合同に火葬され、埋葬される合同葬のメリットは、扱う業者が大変多いのでより気軽に利用できる、相談に応じてもらえる点がまず挙げられます。ペット専用の葬儀場を設けていることが多いため、トラブルが起こりにくいのも魅力であり、費用も低めです。お墓を新たに設ける必要もないため、費用を抑えることができますが、きちんと供養をしてもらうことができるため、時間や費用がない人に向いている方法となります。

近年行われることが多いペット火葬のデメリット

ペット火葬には個別と一任とに大きくわかれます。個別はより人の葬儀と似たようになり、一任は時間がない場合に業者にすべてを依頼するようになります。どちらの方法にもメリットがありますが、逆にデメリットもあります。 個別でペット火葬をする場合、費用が高くなること、ペット火葬を専門に行っている業者数が少ないことがまずあげられます。一体ずつ火葬を行うので時間と手間がかかり、どうしてもコストがかかります。さらに対応している自治体も大変少なく、選択肢の幅がありません。個別火葬で移動火葬車を使用した場合は近隣への配慮も必要となり、行う前に理解をしてもらっておく必要があります。 一任のペット火葬のデメリットは、他のペットと一緒に火葬を行うので遺骨が残りにくい、拾い上げることができない点となります。犬や猫ならばまだ残る可能性がありますが、ハムスターや鳥などの小さな動物は骨すら残らないことが多いです。このほかお別れの時間が大変少ないのでペットロスになる可能性もあります。

ペット火葬に多いありがちなトラブルを知っておこう

ペットを家族の一員とし、亡くなったときにペット火葬にすることは珍しくありません。ですが、当たり前になるにつれてペット火葬を行う際にありがちなトラブルも増えてきました。理解がない業者が儲け目的で参入し、失敗することも近年よく見られるものです。ありがちなトラブルの中には、「法外な値段を請求された」というものがあります。火葬後も毎月寄付を請求されることもあり大きな被害を受けました。 ペット火葬そのものではなく、遺骨へのトラブルも発生しています。骨を返却してくれないことや、別の動物の骨を渡されたといった卑劣なケースが見られているのです。これは業者が利益目的のため火葬をせず、不法投棄などで済ませている可能性があります。飼い主の愛情を利用し高額な供養セットや仏具を買わされたというケースも存在しているので、この場合はペット火葬ではなく人間の埋葬と同じように大きい問題と言えるでしょう。トラブルを避けるためには、会社情報を徹底して調べ怪しくない業者であることの確認が欠かせません。

知り合いのペットが亡くなりペット火葬をする際の香典は必要か

普段から親しくしていたペットが亡くなり、ペット火葬を行うと判明した場合、香典を持参した方が良いのか悩みます。通常ペット火葬は家族のみで行うことが多く、知り合いであっても参列する人は大変少ないです。そのためペット火葬自体には参列する必要はありませんが、のちに香典を持参するとより関係性がスムーズになります。 人ではいくらかのお金を包み持参をしますが、ペットではお金というよりもペット用のお線香やお花、お菓子を用意することが多いです。生前ペットが好きだったお菓子であると仏前に供えてもらうことができます。もしお金を用意するのであれば3千円が目安であり、多く包む必要はありません。関係性にもよりますが、上限は5千円となっており、高額なものは逆に気を遣わせてしまうので注意することが大切です。 大切なのはお悔やみの気持ちを伝えることであり、故人の気持ちに配慮することとなります。理由がない限りお悔やみの品か言葉だけで十分であり、寄り添う姿勢を大切にします。

ペット火葬においても喪服を着用した方が良い

ペットを家族と扱っていることから、ペット火葬を行う人が増えています。ペットの場合犬は市区町村に届け出をしなくてはなりませんが、基本的に届け出は必要がなく、亡くなると物として扱われます。そのため近隣に迷惑をかけなければ自宅に埋葬しても良いことになっています。 ですがペットは家族の一員として過ごしている場合、人と同じようにペット火葬を行いたいと考えます。きちんとした葬儀と火葬を行い、僧侶に読経をしてもらい指定する場所に埋葬するようになります。このようなことから喪服を着用した方が良いのか悩みますが、基本的に喪服もしくはブラックフォーマルで参加をした方が良いでしょう。 これはペットを埋葬したり火葬をしたりする場合、人と同じ場所であることが多いことが関係しています。人と同じであるため通常の葬儀や法要が行われている可能性があり、明るめの服であると場違いになってしまうからです。他の人の配慮のためにも一般の葬儀と同じ服装をするようにします。

ペット火葬に関する情報サイト
失敗しないペット火葬業者の選び方

このサイトでは、失敗しないペット火葬業者の選び方を解説するとともに、火葬のプランについてもご紹介していきます。現在、ペットの火葬を取り扱う業者は年々増加していますが、その中には悪徳な経営を行っている業者も少なからず存在しています。そのため、後悔することなく大切なペットを見送るためには、業者選定を慎重に進めていくことが大切です。また、ペットの火葬には様々なプランがあるので、あらかじめどのようなプランが提供されているのかも押さえておきましょう。

Search